セミナー・イベント

コロナを乗り越えるための工務店テックセミナー

こんな方におすすめ

・工務店経営者
・住宅業界

住宅業界では、新型コロナウイルスの影響により、受注棟数や売上の減少が避けられないなか、業務の効率化を図り現場の生産性を高めることで1棟あたりの利益を最大化することが喫緊の課題となっています。

一方で、ICT化の進展やさまざまな技術革新により、小さなビジネスや企業が容易に活用できる便利な“テック”が、実は身近にあふれています。

地域の工務店が、そうしたテックを取り入れて業務効率化と生産性向上を図ることは、多様な働き方の実現にもつながります。コロナ対策としてだけではなく、若者を呼び込みながら、コロナ後にも地域の家づくりの担い手として存在感を発揮し続けるうえでも有効です。

「コロナを乗り越えるための工務店テックセミナー」では、集客・営業からはじまり、現場の作業を含む工務店に関わるあらゆる業務のテック化について考えます。 

image photo

概要

開催日時

①オンライン開催『コロナを乗り越えるための工務店テックセミナー』/8月26日(水)13時~17時


②見逃し配信/8月27日(木)15時~9月9日(水)15時まで

定員 -
参加費 5000円(税込) 主催 新建ハウジング

会場/住所

オンライン

交通

-

プログラム

13:00

開場
13:35 講演開始
13:35~14:05

01_営業系テック編

「スマホ」をメインターゲットにしたオンラインによる営業戦術は、もはや地域工務店にとっても必須。

 

リソース(人材や資力)が限られるなか、工務店にとっての本質的な武器であるものづくりに注力するためにこそ、営業のテック化が威力を発揮します。

 

セミナーでは、効率的な集客と潜在顧客の見込み顧客化、見込み顧客の育客、接客・打ち合わせなど、家づくりのあらゆるフェーズでオンラインによりCX(顧客体験)を高める手法を解説します。

14:15~15:15

02_現場系テック編

いま、家づくりの現場で「大型パネル」が注目を集めています。

家づくりの一部を工業化することにより、現場での作業負担を大幅に軽減し、同時に施工精度の向上を図ろうとするものです。

 

大工の高齢化対策や働き方改革の実現、業界への若者の入職促進などを目的に導入する工務店が増えています。

 

セミナーでは、大型パネルを武器に、小さな工務店が非住宅分野に進出したり、大工が高性能エコハウスを手掛けたりする実際の事例についても紹介します。

15:25~15:55

03_業務系テック編

コロナ対策を踏まえたオンライン集客・接客なども含め、高いデザイン性と性能、自然な素材、外部との関係性など「工務店らしい家づくり」を貫くためにこそ、業務全体のテック化を実践している事例を紹介します。

 

テック化の肝は、人や業務を“ぶつ切り”にせず連動させること。

 

基幹システムのクラウド化により、営業から設計、積算、現場管理、アフター、付随する総務・経理までの流れを一元化、だれでもどこからでも情報共有できる仕組みについて解説します。

16:00~17:00

04_トークセッション

 

 

講演者+三浦祐成(ファシリテーター)によるトークセッション。

問合せ先

新建ハウジング(読者サービスチーム)

TEL:0120-47-4341

受付時間 9:00~17:00