経営・マネジメント

新着コラム

改革を起こせる!?建設現場に適した勤怠システムとは?

建設現場で労働している従業員の勤怠管理はどのように行っていますか?会社側は勤怠管理を徹底し、労働時間をしっかり把握することが義務付けられています。

ここでは勤怠管理の重要性とシステムの選び方、建設業におすすめの勤怠管理システム5選を紹介しながら、建設業の労働環境をよりよくするための情報をお伝えします。

目次[非表示]

  1. 1.勤怠管理の重要性とは?
    1. 1.1.コンプライアンスの厳守
    2. 1.2.健康状態の把握
    3. 1.3.建設技術者の流出を防ぐ
  2. 2.勤怠管理システムを選ぶポイントとは?
    1. 2.1.勤務管理が効率的
    2. 2.2.給与計算システムとの連携
    3. 2.3.従業員の作業効率の把握
  3. 3.建設業に特化した勤怠管理クラウドサービス5選
    1. 3.1.ジョブカン
    2. 3.2.現場勤怠
    3. 3.3.Touch On Time
    4. 3.4.ShiftMAX(シフトマックス)
    5. 3.5.jinjer勤怠
  4. 4.自社に合った勤怠管理システムを導入して働き方改革を行おう

勤怠管理の重要性とは?

勤怠管理とは、会社が従業員の勤怠状況を把握・管理することです。建設現場は、業界のもともとの勤務体質に加え近年問題視されている人手不足により、長時間労働を強いられているのが現状です。

会社には、現場で働く労働者を守ることが求められます。勤怠管理をすることの重要性を確認していきましょう。

コンプライアンスの厳守

労働条件は法律により定められ、会社は法令や規則を守って従業員の働き方を管理することが義務付けられています。

2019年4月から施行されている「働き方改革関連法」により、客観的な方法で労働時間を把握することが義務化されました。労働時間の客観的な把握には勤怠システムの見直しが必要です。


健康状態の把握

長時間勤務や過度な連続勤務により、従業員が健康を損なう事例が問題視されています。

労働時間の超過が原因で健康状態に支障をきたしたり過労死した場合、会社側は社会的にダメージを受け、賠償責任を求められる状況になりかねません。一人一人の健康状態を確認することも勤怠管理に含まれます。


建設技術者の流出を防ぐ

建設技術者は、道路の整備、都市開発、建物の老朽化対策、災害時の復旧など、人々が快適に過ごしていくために欠かせない人材のため、現在労働している技術者が他業界へ流出するのを防ぐ必要があります。

残業時間の削減、労働に見合った給与の支給など、労働環境を整えるために勤怠管理は欠かせません。

勤怠管理システムを選ぶポイントとは?

具体的に建設現場に導入する勤怠システムを見ていく前に、勤怠システムを選ぶ際のポイントを確認していきましょう。


勤務管理が効率的

従来の出勤簿やタイムカードの場合、人事担当者が回収しエクセルなどに手作業で勤怠時間を落とし込むなど作業が多く、把握できるまでに時間がかかります。また、手作業のためミスが起こりやすく効率的とはいえません。
人事担当者の手間を減らし、かつ勤務状況をリアルタイムで把握・集計できることが効率的な勤怠管理システムといえます。


給与計算システムとの連携

勤怠管理システムと給与計算システムを連携できれば、人事担当者の負担を軽減することができます。


従業員の作業効率の把握

労働時間だけでは、現場で働く従業員の作業量などは把握できません。

労働時間とあわせて作業量なども把握できるような勤怠システムを取り入れると、プロジェクトや受注の効率化が可能になります。

建設業に特化した勤怠管理クラウドサービス5選

クラウドサービスとはネットを経由したサービスのことを指します。ネットを使用すると現場へ直行直帰する従業員のリアルな勤怠を把握することが可能になります。

ここではおすすめの勤怠管理システムを紹介します。クラウドサービスと聞くと年配の従業員への対応が懸念されがちですが、簡単に打刻できるものばかりです。

それぞれの特徴に注目して見ていきましょう。


ジョブカン

・LINEからの打刻も可能

今やメールよりも使用されているLINEは、幅広い年齢層にに支持され、気軽に使用できるツールとなっています。

LINE以外にもさまざまなチャットに対応しているので、会社で利用しているビジネスチャットと打刻を連携させることができます。

・会計・給与ソフトと連携ができる

勤怠情報のデータを連携させることで、会計や給与集計の効率も上がります。工数の把握ができる勤怠システムのため、現場の状況をリアルタイムで知りたいときにも有効です。


現場勤怠

・ガラケーでも打刻が可能

スマホでもガラケーでも打刻が可能なため、幅広い人に使いやすい勤怠システムです。

・管理者はリアルタイムで現場の把握が可能

ITシステムだからこそ、人事担当者が現場に足を運ばなくてもリアルタイムで現場の状況を知ることができます。効率のよい管理システムです。


Touch On Time

・GPSで位置情報を取得し不正を防げる

スマホでもガラケーでもGPS機能で打刻時の位置情報を取得できるため、不正打刻を防ぐことができます。

複数の現場の勤怠状況を得ることも可能のため、建設業に合った勤怠システムといえます。

・残業時間に対するアラート

自社のルールに合わせて設定した基準で残業時間を自動で集計し、上限を超過しそうになると従業員と管理者にメールでアラートが送られます。残業時間の超過を未然に防ぎ、健全な労働環境を目指せます。


ShiftMAX(シフトマックス)

・工数と進行状況、勤怠情報をリンクさせることができる

勤怠だけではなく現場の進行状況も把握できるので、人員の調整や部材準備のタイミングなどの判断がしやすくなり、現場の業務効率化が実現できます。

・通話打刻にも対応

スマホやガラケー、指紋認証、ICカードなどさまざまな打刻方法に対応していますが、電話をかけるだけの通話打刻にも対応しています。

ネット環境のない場所でも打刻可能な、幅広い年齢層の従業員に対応できる勤怠システムです。


jinjer勤怠

・アプリのインストールでさまざまな場所から打刻が可能

従業員一人一人がアプリをインストールし、現場がどこであっても打刻することができます。打刻用のシステムを置くスペースも不要のため、現場スペースを広く使うことが可能です。

・現場ごとの集計も簡単

建設業の従業員は複数の現場をかけ持ちして作業を行うことが一般的ですが、労働時間のみならず現場ごとの集計もシステム上で行うため、不正や人事担当者の負担を減らせます。

自社に合った勤怠管理システムを導入して働き方改革を行おう

クラウドサービスを活用した勤怠システムの導入は、その会社の働き方改革といえるほど労働環境に変化を及ぼすものになります。

建設業に見合った勤怠管理システムは業務の効率化も目指せるものになるので、自社に取り入れたいシステムや使用料金を比較・検討し、導入することがおすすめです。

労働環境を見直し、従業員の働きやすい環境を、勤怠管理システム導入から始めていきましょう。


業務支援サービスを見る

注文住宅 Business 編集部
注文住宅 Business 編集部

注文住宅のプロである工務店・ハウスメーカー様を支援すべく、住宅営業のノウハウや人材採用、最新の時事ネタなど、様々なジャンルの情報を発信してまいります。

関連する最新コラム