住宅営業ノウハウ

新着コラム

効果的な住宅イベントとは? 企画する際に注目したいポイント

住宅イベントは、成功すれば企業イメージや自社認知度を向上できるうえに、成約へ結びつけるための大きなチャンスとなります。


成約へつなげるためにも、イベントの目的や重要性を把握し、集客力のあるイベントを企画することが大切です。


本記事では、これから住宅イベントを企画しようと検討中のハウスメーカーや工務店が注目すべきポイントについて紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.住宅イベントの重要性
    1. 1.1.①購買意欲の向上
    2. 1.2.②直接的なコミュニケーションが取れる
    3. 1.3.③疑問点や不安の解消につながる
  2. 2.ターゲット層を絞り込みましょう
  3. 3.興味関心を引き出しましょう
    1. 3.1.具体例を出して呼び込む
    2. 3.2.ディスプレイをおしゃれに
  4. 4.まとめ

住宅イベントの重要性

住宅展示会・モデルハウスの見学など、マイホームの建設・購入を考えている顧客を対象に開催するイベントが、住宅イベントと呼ばれる催しです。

住宅イベントは、顧客に対して「注文しよう」「購入しよう」という意識を高めるアプローチをして、購入の決断へと導くための大切な役割を担っています。


注文をもらうためにも、事前にどのような企画にするのか、徹底したイベント計画を行うことが重要です。


住宅イベントを開催することで得られる企業メリットについては、以下の3点が挙げられます。


①購買意欲の向上

購買意欲は、商品についての情報が明確になるほど高まります。特にマイホームという大きな買い物では、少しの不安や疑問が購入を引き留めてしまう原因になり得るため、顧客に対して提供する情報は非常に重要といえるでしょう。


購買意欲は一人ひとり異なるため、お客様がどのような点に注目しているのかというニーズの把握が重要となります。


住宅イベントに参加したり、モデルハウスを見学したりすることによって、お客様は知りたかった情報を得ることができ、具体的な生活のイメージを抱けるようになります。


また、住宅イベントでは、資料だけでは伝えきれない住宅の魅力や、企業の対応力がお客様から試されます。

視認するまでは曖昧だった購買意欲を刺激できるようなイベントの企画力、そしてお客様の期待に添える対応が求められるといえるでしょう。


②直接的なコミュニケーションが取れる

最近は、問合せをオンライン上でやりとりすることが主流です。


メールやアプリといったツールでのやりとりも重要ですが、マイホームという大きな商品については、より購買意欲の向上を図ることができる、直接的なコミュニケーションが必要になってきます。

適確にお客様のニーズに対応するためにも、直接コミュニケーションのとれる住宅イベントは重要な販促活動のひとつといえます。


③疑問点や不安の解消につながる

住宅イベントでは、モデルハウスを見ながら湧いてくるお客様の疑問や不安にすぐ対応できるメリットがあります。

実際に建物を確認することで、資料だけでは気がつかなかったポイントに対して、補足で情報を紹介することもできます。

少しでもお客様に疑問や不安が残っていると、最終的な注文に至らずに、企業に対しての不満や注文の機会損失などを招いてしまうこともあり得ます。


住宅イベントを有効に生かすことで、お客様にとって納得のいくマイホームの注文へとつながるでしょう。

ターゲット層を絞り込みましょう

お客様と企業、双方にとって重要なイベントである展示会・見学会を成功させるためには、ターゲットの絞り込みに着目しましょう。


たとえば、“ファミリー向けの住宅”でも、二世帯住宅を検討しているのか、子どもは何人いるのか、出産を控えているのかで、お客様の求めるものが大きく変わります。


ターゲットにそぐわないイベントを開催してしまうと、集客は期待できません。

明確なターゲット層を定めることによって、そのターゲット層にふさわしいイベントを開催できるでしょう。

興味関心を引き出しましょう

ターゲットの絞り込みが完了したら、次は、ターゲットにうまく訴求するためのアピール方法を考えましょう。


具体例を出して呼び込む

モデルハウスの見学に来られる方は、すでに他社のモデルハウスを見学しているケースも多く、ありきたりな紹介や呼び込みに慣れてしまっている可能性があるでしょう。

そのため、自社の住宅を内覧することで、どのようなメリットがあるのかを具体的に宣伝することが大切です。


また、より多くのお客様に興味を持ってもらうためには、参加した方用のノベルティを用意したり、食事やお菓子を提供したりすると、参加しやすい空間づくりができるでしょう。


ディスプレイをおしゃれに

実際の生活風景をイメージしてもらうためにも、モデルハウス内のディスプレイデザインは重要なポイントになります。インテリアコーディネートは、これからお客様が過ごす新生活をイメージするために重要な情報です。


また、コーディネートによっては、お客様とのコミュニケーションにもつながります。インテリアの知識を有している従業員がいる場合は、イベントの企画メンバーに加えることをおすすめします。

まとめ

住宅イベントの企画・開催はハウスメーカーや工務店にとって重要な役割を担っています。その重要性をしっかり把握し、まずはターゲット層を適確に絞り込みましょう。ターゲット層に合ったイベントを企画することで、集客効果が期待できます。


体験型のイベントや工作教室など、企業によってさまざまなイベントが開催されていますが、イベントへ参加することだけがお客様の目的にならないように、自社の住宅をしっかりアピールするための工夫が大切です。


関連サービスを見る

注文住宅 Business 編集部
注文住宅 Business 編集部

注文住宅のプロである工務店・ハウスメーカー様を支援すべく、住宅営業のノウハウや人材採用、最新の時事ネタなど、様々なジャンルの情報を発信してまいります。

関連する最新コラム