マーケティング

新着コラム

集客UPを目指す、工務店・住宅メーカーのインスタグラム活用術

​​​​​​​

インターネットの普及拡大により、マーケティングにインターネットを活用する事例が増えています。

住宅業界でも、これまで主流だった新聞や折り込みチラシなどの販促活動に勝る勢いで、インターネットで集客を狙う企業が増えています。


インターネットを使った集客方法としては、“インスタグラムの活用”が挙げられます。

消費者は工務店・住宅メーカー選びにインターネットを利用して情報を得る人が多く、特に20代~30代の若い世代はインスタグラムの利用者数が多いという状況です。また、工務店・住宅メーカーは、写真を扱うことが多く、インスタグラムとの相性がいいともいわれており、インスタグラムを活用した集客は実施したい施策のひとつです。


本記事では、工務店・住宅メーカーの集客を目的としたインスタグラムの活用方法について解説します。

目次[非表示]

  1. 1.実績をアピールする場としてインスタグラムを活用
  2. 2.より多くの人の目に留まるには
  3. 3.定期的に効果の確認を行おう
  4. 4.まとめ

実績をアピールする場としてインスタグラムを活用

インスタグラムによる集客が効果的といえる理由には、新聞と比べてSNSの利用ユーザーが増加していることが挙げられます。


平成28年、総務省では13歳~69歳までの男女1,500人に対して、新聞やソーシャルメディアの利用状況についての調査を実施しました。

調査結果によると、テキスト系メディアの利用時間は年々増加傾向であるのに対し、新聞購読については平成24年度より減少傾向にあることがわかっています。


年代別で見てみると、新聞購読の時間が比較的長いのは50代~60代となり、10代~40代においては圧倒的にテキスト系サイトの利用時間が長く、両者の差が開く結果となっています。

この結果を踏まえると、40代以下の層に対しては、新聞広告や折り込みチラシよりも、Web媒体のほうが訴求力が高いということが予想できます。


また、“仕事や調べものに役立つ情報を得る”ためのメディアとして最も意見が多かったものに、インターネットの利用が挙げられています。

新聞やテレビ、雑誌と比べても過半数以上の人が情報収集にインターネットを利用していることがわかります。

(出典:総務省「平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」)


インスタグラムの利用状況についても年々増加傾向にあり、10代~20代の若い世代だけでなく、40代~60代以上の年齢層にも拡大傾向が見られます。

そのほかのSNSを含む利用満足度の調査についても、インスタグラムはYouTubeに次ぐ2位にランクインしており、ユーザーからの信頼度や満足度が高いことがわかります。

(出典:ICT総研「2018年度 SNS利用動向に関する調査」)


これらの調査結果から、マーケティングをするなら、SNSの利用は欠かせないといえるでしょう。

なかでもインスタグラムは写真をメインとしたメディアであるため、竣工写真やリフォーム実績をアピールできるツールとして活用できます。

効率よく視覚的なアプローチが可能となる点が、インスタグラム活用の大きなメリットです。

より多くの人の目に留まるには

インスタグラムを活用するにあたり、写真をアップする時間帯やハッシュタグについて考慮が必要になります。


インスタグラムは、12時~13時の昼休憩時間と、19時~22時までの時間帯に利用率が高まる傾向にあるため、写真をアップする際はこれらの時間帯が狙い目です。


投稿時には、ハッシュタグを付けるのも忘れないようにしましょう。

ハッシュタグとは、“#リフォーム”のように、キーワードの前に#を付けて投稿することで、特定のキーワードをカテゴライズするためのものです。ユーザーは検索したいキーワードで容易に投稿をチェックできるため、同じ関心や目的を持つユーザーの目に留まりやすくなります。


たとえば、注文住宅の完成写真をアップする場合、#新築、#注文住宅、#竣工写真などのように関連するキーワードを盛り込みます。タグ検索結果の上位に表示されるタグを含めることがポイントです。


アップする写真やテキスト、タグの付け方が分からない場合は、同じようなターゲットを持つインフルエンサーを参考にするのもいいでしょう。

定期的に効果の確認を行おう

企業がインスタグラムのアカウントを運用するにあたり、定期的に集客数を把握することは非常に重要です。目標に対して効果が得られていない場合は、その都度改善案を検討しましょう。


効果の測定方法としておすすめなのは、KPIを用いた効果検証です。

まずは目的となる具体的な数値を設定し、目標を達成するための指標を立てましょう。


集客や知名度向上を目標とする場合は、次のようなKPIを設定することで効率的な効果測定が可能となります。


  • フォロワー数を〇倍に増やす
  • いいね!の数を〇ヶ月間で〇回以上増やす
  • ブランドに関連するハッシュタグの増加率を〇%以上にする


インスタグラムを運用する際は、通常の投稿作業と並行してこれら数値の変化を測定しましょう。KPIの設定や効果測定などのノウハウに自信がない場合は、インスタグラム用の解析ツールを活用したり、運用を代行会社に依頼したりもできます。

まとめ

工務店や住宅メーカーの集客力向上を目指す方法として、インスタグラムの活用を紹介しました。

若い世代だけでなく、全世代でSNSの利用者数が増加している現代では、インターネットの活用は必要不可欠です。


集客やブランディングに向けた施策の一部として、インスタグラムの運用を検討してみてはいかがでしょうか。
​​​​​​​

関連サービスを見る

注文住宅 Business 編集部
注文住宅 Business 編集部

注文住宅のプロである工務店・ハウスメーカー様を支援すべく、住宅営業のノウハウや人材採用、最新の時事ネタなど、様々なジャンルの情報を発信してまいります。

関連する最新コラム