マーケティング

営業にマーケティングオートメーション(MA)を活用するメリット

手作業で対応していたマーケティング業務を自動化できるマーケティングオートメーション。お客さま情報の登録・管理やメール対応・送付といった作業の一部を自動化することで時間や手間が省けます。

最近では、Webページに設置したチャットボットと連携してユーザーの問合せや閲覧状況に応じた施策も取り入れられています。時代が進むにつれて新しいツールも増えてきており、さまざまな課題を解決します。

今回は工務店・ビルダーに勤めている注文営業や建売営業向けにマーケティングオートメーションのメリットや販促例を解説します。

目次[非表示]

  1. 1.営業活動にマーケティングオートメーションが必要な理由
  2. 2.工務店・ビルダーがマーケティングオートメーションを活用するメリット
    1. 2.1.顧客対応やリスト作成などの業務を自動化
    2. 2.2.見込み顧客へのアプローチ
    3. 2.3.ツールならではの発信性
  3. 3.マーケティングオートメーション使用した販促例
  4. 4.まとめ

営業活動にマーケティングオートメーションが必要な理由

営業活動にマーケティングオートメーションを取り入れる理由の一つに業務の効率化が挙げられます。たとえば、Web施策を取り入れている企業においてマーケティングオートメーションは大きな役割を果たします。

業務効率化例

  • メルマガ配信の自動化
  • Web施策の自動化
  • 顧客フォローの自動化

従来の営業方法といえば、展示場やイベント、チラシ配布、顧客訪問などが一般的でした。これらと平行して日々の商談やWeb施策などによって業務量が増加し、結果的に「リソースが足りない」「人手不足」といった課題も想定できます。

こうした課題を解消できるのがマーケティングオートメーションです。ツールによって自動化できることは変わりますが、メルマガ配信やWeb施策のオートメーション化など、営業活動の業務を効率化できるといった点が強みといえます。

工務店・ビルダーがマーケティングオートメーションを活用するメリット

「今まで行っていたWeb施策を自動化させたい」「見込み客を自動的に育てたい」など、企業の課題はさまざまです。

とくに工務店・ビルダーにおいては、それらの課題に対してマーケティングオートメーションを活用し、業務改善につなげられるタスクが複数あります。


顧客対応やリスト作成などの業務を自動化

マーケティングオートメーションの活用によって顧客対応の自動化、それらにかかるタスク量も削減可能です。

業務自動化例

  • 顧客リストの作成
  • 定期的なメール配信

システム内の顧客リストに対して、自動的にメールを配信したり、顧客リスト作成の手間も減らせます。その分、商談やマーケティング施策などのコア業務に時間を充てられます。


見込み顧客へのアプローチ

マーケティングオートメーションのツールでは、メールの開封率やホームページの行動などもデータとして可視化できます。

顧客の検討度合いを測れるため、優先度の高い顧客にアプローチすることが可能です。また、顧客の属性やWeb上の行動履歴などを一元管理できるツールもあるため、非効率な営業活動の改善にも役立ちます。


ツールならではの発信性

メルマガ配信をはじめ、問合せや資料請求に対する返信メールでは、すべての顧客に同じ文章を送るのは効果的とはいえません。しかし、一つひとつ手作業で細かく顧客フォローするには抱えている業務量次第でさばけない可能性も考えられます。

マーケティングオートメーションを利用すれば、メールやメルマガの内容を独自に作成できます。ターゲットに応じて文章やコンテンツを変えられるため、訴求効果を高められるといった効果も見込めます。

さらに、資料請求をした顧客に対して物件情報や無料相談会の案内メールを送付したり、施工写真を添付して魅力的に伝えたりといったツールならではの工夫が可能です。

マーケティングオートメーション使用した販促例

マーケティングオートメーションを導入して販促に活用した例を紹介します。とくに工務店・ビルダーのような企業においては集客業務から顧客フォローまで幅広く活用できます。

工務店・ビルダーの販促例

  • 展示会やイベント集客のための案内メール
  • ホームページ上で問合せのあった顧客への施工事例メール
  • 問合せや資料請求を促すメール
  • 興味関心度合いに応じたシナリオメール

先述したようにマーケティングオートメーションでは、ホームページやメルマガでどのような行動を取ったかを可視化できます。顧客の興味関心度合いを知ることで確度の高いアプローチもできます。

また、顧客の興味・関心のある情報を事前に把握しておくことで、ニーズに合わせた提案が可能になり、商談数の増加や成約率の向上が期待できます。

まとめ

今回はマーケティングオートメーションのメリットと工務店・ビルダーが導入することで得られるメリットについて紹介しました。

マーケティングオートメーションは、顧客の行動や興味関心度合いを可視化することで、ターゲットに応じた適切なアプローチが可能になります。煩雑化しやすい顧客管理やメール配信などの作業を効率化できるため、営業担当の負担軽減にもつながります。

営業活動の効率化や受注確度アップを目指してマーケティングオートメーションを導入してみてはいかがでしょうか。

  成約率向上|LIFULL HOME'S Business 注文・分譲一戸建て|工務店・ビルダー、新築一戸建て販売会社向け業務支援ポータル|ライフルホームズの集客・販促・営業・人材確保 成約率向上|工務店・ビルダー、新築一戸建て販売会社向けの業務支援サービスを探せるポータルサイト。集客から成約まで様々なサービスをご紹介。是非、貴社の業務課題解決のためにLIFULL HOME'S Business 注文・分譲一戸建てをご活用ください。 LIFULL HOME'S Business 注文・分譲一戸建て



編集部
編集部

工務店・ビルダー、新築一戸建て販売会社様を支援すべく、住宅営業のノウハウや人材採用、住宅トレンドなど、様々なジャンルの情報を発信してまいります。